Associate Prof. Ryota Wada

学歴

  • 2001年3月 私立桐蔭学園高等学校卒業

  • 2001年4月 東京大学教養学部理科I類入学

  • 2003年4月 東京大学工学部システム創成学科進学

  • 2005年3月 同 卒業

  • 2005年4月 東京大学大学院工学系研究科環境海洋工学専攻修士課程入学

  • 2007年3月 同 修了

  • 2010年10月 東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻博士課程入学

  • 2013年9月 同 修了 博士(環境学)

職歴

  • 2007年4月 三菱商事株式会社入社

  • 2010年9月 同退職

  • 2013年10月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 海洋開発利用システム実現学寄付講座 特任研究員

  • 2015年6月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻 海洋産業システム学分野 助教

  • 2018年12月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻 海洋産業システム学分野 講師

  • 2020年12月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 海洋技術環境学専攻 海洋産業システム学分野 准教授

論文

  1. Mopuri, K. R., Bilen, H., Tsuchihashi, N., Wada, R., Inoue, T., Kusanagi, K., ... & Tamamura, H. (2022). Early sign detection for the stuck pipe scenarios using unsupervised deep learning. Journal of Petroleum Science and Engineering, 208, 109489.

  2. Fujiwara, T., Wada, R., & Ozaki, M. (2021) Experimental study on elastic behaviors of two tandem risers in constant flow. Journal of Marine Science and Technology, 1-12.

  3. Tsuchihashi, N., Wada, R., Ozaki, M., Inoue, T., Mopuri, K.R., Bilen, H., Nishiyama, T., Fujita, K., & Kusanagi, K.. (2020). Early Stuck Pipe Sign Detection with Depth-Domain 3D Convolutional Neural Network Using Actual Drilling Data. SPE Journal. (accepted)

  4. Kanazawa, M., Wada, R., & Ozaki, M. (2020). Analytical investigation of key factors for dynamic minimum tension in free-hanging slender structure with simplified lumped mass model. Ocean Engineering. (accepted)

  5. 恩田将維, 和田良太, 尾崎雅彦. (2020). 浅水深海域における浮体式洋上風車のシンカー付きカテナリー係留に関する研究. 日本船舶海洋工学会論文集, 第32号, (in press)

  6. Messori, G.#, Wada, R.#, & Woods, C. (2020). A spatial model for return values of warm temperature extremes in the High Arctic. Quarterly Journal of the Royal Meteorological Society. https://doi.org/10.1002/qj.3877 (#equal contribution)

  7. Hiekata, K., Wanaka, S., Mitsuyuki, T., Ueno, R., Wada, R., & Moser, B. (2020). Systems analysis for deployment of internet of things (IoT) in the maritime industry. Journal of Marine Science and Technology, https://doi.org/10.1007/s00773-020-00750-5.

  8. Wada, R., & Waseda, T. (2020). Assessment of Data-Inherited Uncertainty in Extreme Wave Analysis. Journal of Offshore Mechanics and Arctic Engineering, Vol. 142(2): 021204. https://doi.org/10.1115/1.4045621

  9. 小平翼, 和田良太, 和田大門, 渡邊省吾, 北祐樹, 早稲田卓爾. (2019). 低コスト沿岸域海上風観測システムの構築と実証. 日本船舶海洋工学会論文集, 第29号, pp. 163-169.

  10. 金子達哉, 和田良太,尾崎雅彦, 井上朝哉. (2019).再帰型ニューラルネットワークを用いた超大水深掘削のWOB推定. 日本船舶海洋工学会論文集, 第29号, pp. 123-133.

  11. Wada, R., Waseda, T., & Jonathan, P. (2018). A simple spatial model for extreme tropical cyclone seas. Ocean Engineering, Vol. 169, pp. 315-325.

  12. Wada, R., Kaneko, T., Ozaki, M., Inoue, T., & Senga, H. (2018). Longitudinal natural vibration of ultra-long drill string during offshore drilling. Ocean Engineering, Vol. 156, pp. 1-13.

  13. Lu, Y., Ozaki, M., & Wada, R. (2018). Squalls in sea off coast of Japan and their effects on marine operations based on weather observatory data at remote islands. Journal of Marine Science and Technology, Vol. 23(1), pp104-121.

  14. Takagi, K., Mondal, R., & Wada, R. (2017). Wave motion in internal water of a floating logistics terminal. Marine Systems & Ocean Technology, Vol. 12(4), pp. 243-251.

  15. 稗方和夫, 満行泰河, 上野隆治, 和田良太, Bryan Moser. (2017). 海事産業における IoT 技術導入の意思決定支援に関する研究. 日本船舶海洋工学会論文集, 第25号, pp.175-182.

  16. Yamamoto, M., Wada, R., Kamizawa, K., & Takagi, K. (2017). The concept of FLT. Marine Systems & Ocean Technology, Vol. 12(3), pp. 104-116.

  17. 小平翼, 和田良太, & 早稲田卓爾. (2017). 日本沿岸潮流発電の資源量推定に対する潮流の長期変動の影響. 日本船舶海洋工学会論文集, Vol. 25, pp. 151-156.

  18. Takagi, K., Hamamichi, S., Wada, R., & Sakurai, Y. (2017). Prediction of wave time-history using multipoint measurements. Ocean Engineering, Vol. 140, pp. 412-418.

  19. 和田良太,高木健 (2016). 我が国の海洋開発力強化と協創プラットフォームについて. 日本船舶海洋工学会論文集, 第24号, pp. 259-273.

  20. Mondal, R., Takagi, K., & Wada, R. (2016). Diffraction problem of a floating breakwater with an array of small ports. Journal of Marine Science and Technology, Vol. 22, pp. 459–469.

  21. Wada, R., Waseda, T., & Jonathan, P. (2016). Extreme value estimation using the likelihood-weighted method. Ocean Engineering, Vol. 124, pp. 241-251.

  22. 和田良太,尾崎雅彦. (2014). 日本周辺海域における静穏および荒天海象の連続性について,日本船舶海洋工学会論文集,第20号, 85-97.

  23. 尾崎雅彦,和田良太(2014).シャトルシップ方式による沖合CCSの輸送システムと余裕能力の計画.日本船舶海洋工学会論文集,第20号197-204.

  24. 和田良太,早稲田卓爾. (2013).極値推定における Weibull 分布の信頼区間について,日本船舶海洋工学会論文集,第18号, pp. 135-142.

  25. Wada, R., Waseda, T., & Nanjo, H. (2012). Nonlinear interaction of the Tsugaru Warm Current and tide in the Tsugaru Strait, Ocean Dynamics,Vol.62, No.6, pp. 923-941.